生活のあれこれ

日常生活で気になったことを書き連ねるブログです。気になったものの紹介とたまに趣味話。主なジャンルは旅行、自転車、音楽など。気楽に更新していきます。

【東北編】暑い季節におすすめ!この夏に行くべき東北の観光スポット3選

こんにちは、ユウサクです。

以前、こちらの記事で関東甲信越の夏おすすめ観光地を紹介しました。

countryside.hatenablog.com

 

今回はその続きで、東北のおすすめスポットを紹介します。

その前に、先ほど前回の記事を見直していたのですがある事に気づきました。

 

夏なのに温泉地だらけやん…

 

夏祭りについての言及が少しでもあったことに救われた気がします(遠い目)。

 

…というわけで、前回の記事の反省もふまえて今回は「まさに」夏に適した東北の観光スポットを3つ紹介したいと思います。

 

スパリゾートハワイアンズ福島県

f:id:yusaku1026:20160601135222j:plain

スパリゾートハワイアンズ公式ホームページ

 

さて、最初に紹介するのは福島県にあるスパリゾートハワイアンズです。まさに夏!

ハワイアンズは日本最初のリゾート施設であり、また日本最初のテーマパークとして1966年にオープンしました。ハワイアンズ誕生までの長い道のりは、2006年にフラガールという映画として制作、公開されました。そしてこの映画、なんと日本アカデミー賞最優秀賞を受賞しています。

僕は茨城の最北部に住んでいたこともあり、多いときは年に2,3回くらいはこのハワイアンズに行っていました。

 

なんといってもハワイアンズの魅力は東京ドーム6個分のとんでもなく大きい敷地面積にあると思います。

その巨大な空間には5つのテーマパークがあります。おすすめはウォーターパーク江戸情話 与市です。

 

ウォーターパーク 

f:id:yusaku1026:20160601142716j:plain

 

ウォーターパークはハワイアンズの中心となるプールで、友達とビーチボールで遊べるくらいの巨大プールハワイアンズの目玉であるウォータースライダー、最近新たに作られたアクアリウムプールなど、様々な遊び場があります。上の画像はアクアリウムプールで、一番上のハワイアンズ紹介画像はウォーターパークの全体画像です。

 

 江戸情話与市

f:id:yusaku1026:20160601143344j:plain

f:id:yusaku1026:20160601143822j:plain

 

江戸情話与市は、 江戸時代の町並みをモチーフに作られた江戸情緒溢れる温泉施設です。温泉に続く道は江戸風の土産物屋さんが立ち並ぶ温泉街のような作りになっており、ここを歩いていると自分がタイムスリップしたかのような不思議な気分になってきます。

毎日夜になると男女各湯で影芝居を見ることができます。これがまた素晴らしいので是非見ていただきたいですね。

f:id:yusaku1026:20160601143618j:plain

 

せっかく行くのなら泊まりで行った方がいいと思います。ディナーバイキングと入場券付きで格安のプランがじゃらんで予約できますので、是非参考にしてみてください。

 

田沢湖(秋田県)

f:id:yusaku1026:20160601145954j:plain

 

さて次に紹介するのは田沢湖です。少々マイナーで交通の便もあまりよくない場所ですが、それでもおすすめしたい理由は、周辺の美しい環境にあります。

田沢湖はもちろん、抱返り渓谷などもこの周辺にあり、夏の雰囲気を楽しむにはこれ以上ない場所です。

f:id:yusaku1026:20160601150518j:plain

 

夏はやっぱりこんな所で川遊びがしたい!

と思いますよね。

近くにはキャンプ場もあります。BBQでもしながら川で遊んだり釣りでもしたり…といったことを楽しみたい人には最高の環境ですね。

もし、旅館に泊まりたい!という人、安心してください。この辺りのホテル、旅館は一泊1万円以内で泊まる事ができる所がほとんどです。

例えばこちら。

こちらでは、郷土料理のバイキングを楽しめるプランがなんと9000円程度で予約できます。素泊まりなら4000円程度で宿泊が可能です。

こちらのホテルの岩魚のしゃぶしゃぶと和牛の夕食付きプランも、14000円とこの辺りでは少し高めですがおすすめです。

夏はやっぱり自然と触れ合いたい!という方は、是非こちらの田沢湖を検討リストに入れてみてください。

 

龍泉洞岩手県

f:id:yusaku1026:20160601153343j:plain

 

さて、最後に紹介するのは岩手県岩泉町にある鍾乳洞、龍泉洞です。

龍泉洞は全長約1200m、高低差249m(!)の鍾乳洞で、日本三大鍾乳洞の一つに数えられている鍾乳洞です。また、その地底湖は日本の名水100選に選ばれていることから、どれだけ美しい場所か分かると思います。

僕がここをおすすめする理由は、夏という季節が鍾乳洞探検に適しているからです。というのも、鍾乳洞の中は寒い!のです。つまり避暑地としてもグッドなのが鍾乳洞という場所なのです。


ここを見ると、じゃらん利用者の龍泉洞に対する評価がかなり高いことが分かると思います。子連れの家族から友達同士、シニアから一人旅まで幅広い層から☆4つ以上の高評価を受けています。

入場料も、併設の科学館の入場券とセットで大人1000円中学生以下500円と、低価格で入場できるのも魅力です。

 

宿泊先のおすすめは、龍泉洞まで徒歩10分程度の場所にある龍泉洞ホテルです。


 

 

さて、いかがでしたでしょうか。是非前回の関東甲信越編と合わせて参考にしていただければと思います。

それでは。