生活のあれこれ

日常生活で気になったことを書き連ねるブログです。気になったものの紹介とたまに趣味話。主なジャンルは旅行、自転車、音楽など。気楽に更新していきます。

夏に必須のおすすめ暑さ対策グッズを紹介する【6選】

こんにちは、ユウサクです。

もう完全に半袖の季節になってきました。まだなんとか暑さ対策をしなくても外に出られますが、これから本格的に外出がキツくなってきますよね。

今日はそんな夏におすすめの冷却グッズをいくつか紹介していきたいと思います。

 

主な冷却グッズの種類

防暑グッズにはいくつか種類があります。

1.身体の内側から冷やす「補水液」や「サプリ」などのもの

2.身体の外側から冷やす「スプレー」や「シート」式のもの

3.外出時に使用できる「冷感スカーフ」や「携帯用扇風機」などのもの

今回はその中でも手軽に使用できるグッズを紹介したいと思います。

 

1.身体の内側から冷やす冷却グッズ 

f:id:yusaku1026:20160603171132j:plain

 

 

最初に、身体を内側から冷やせるグッズを紹介します。身体を内側から冷やすグッズにはいくつか種類がありますが、その中でも「経口補水液」や「塩熱飴」、「塩熱サプリ」などがおすすめです。

 

経口補水液脱水症状や発熱などの対策として用いられます。外を歩いていてめまいがしてきたり、暑すぎて本当につらいと感じたりした時にこれを持ち歩いていると便利です。経口補水液の飲み方に関しては下のページが参考になります。

 

おすすめはOS-1です。経口補水液といえばこれ!というくらいメジャーなものです。

 下のリンクは24本セットで4000円もしないくらいなので、是非夏用に買っておくと良いと思います。

 

塩熱飴」や「塩熱サプリ」もおすすめです。これらは電解質の補給を目的として摂取するものです。電解質とはナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム等のことで、水に溶けると電気を通す物質のことです。

塩熱飴や塩熱サプリを水分補給のタイミングで一緒になめることで電解質の補給も一緒にできるので、熱中症対策にかなり効果的です。

ミドリ安全の塩熱飴が低価格で購入できるのでオススメです。

 

 

 

2.身体の外側から冷やす冷却グッズ

f:id:yusaku1026:20160603171602p:plain

 

身体の外側から冷やすグッズとしては、「冷却シート」や「冷却スプレー」などがあります。これらは使った事がある方も多いと思うので、簡単に商品紹介だけしていきます。 

冷却スプレーのおすすめはシャツクールです。シャツクールは、衣類の上にスプレーするだけで冷感が約2時間持続するので外出中でも気軽に使う事ができます。値段も800円程度で買えるのでとてもお得です。

 

 

冷却シートのおすすめはひえひえ天国ですかね。Amazonだと16枚入りで250円で買う事ができます。合わせ買い限定商品なので、この記事で紹介している別の商品と合わせて買うといいと思います。

 

 

 

3.外出時に使える冷却グッズ

最後に、外出時に使えるグッズを紹介していきます。

外出時に使える冷却グッズとひとえに言っても様々な種類のものがありますが、今日はその中から「冷感スカーフ」と「携帯用扇風機」を紹介します。

 

冷感スカーフとは水分吸収型のスカーフのことで、水を含むと10時間以上冷感を持続します。水分を吸収したスカーフは、頭や首に巻いて外出することで暑い夏でも涼しさを感じながら行動ができます。

僕も2年前に東南アジアを一ヶ月旅行した時に使いましたが、これがなければ死んでいたのではないかというほど役に立ちました。

色々な種類がありますが、大体のものが1000円以内で買えるので自分の好みに合ったものを探してみてください。

僕のおすすめはこちらです。

 

マジクールの冷感スカーフは僕が東南アジアに行った時に使ったものです。一ヶ月毎日10時間以上は使用していましたが、何の問題も無く使用することができました。かなりオススメの商品です。

 

最後に「携帯用扇風機」を紹介します。

最近の携帯用扇風機は進化したもので、傘に装着するものやスマホに付けるものなど様々なタイプが発売されているのですが、僕のおすすめは首にかけて携帯できるタイプのものです。

 

おすすめは、上の大作商事の携帯型扇風機です。

このマイファンは長時間首にかけていても全く疲れないくらい軽く、また首にかけた側の上部に風が送られるので、小型でもかなり涼しさを感じることができます。値段も安いのでオススメの商品ですね。

 

 

どうでしたでしょうか。 夏を乗り切る為には対策が必須ですよね。どんなグッズを買えばいいか迷っていた方は是非この記事を参考にしていただけたらと思います。

それでは。